広島大学との取り組み

 
アルタン株式会社と国立大学法人広島大学(大学院生物圏科学研究科、医歯薬保健学研究科)は、植物由来成分や食品添加物を用いた人に優しい抗ウイルス剤の開発を目的として、平成18年より共同で研究を行っております。

 
種々の植物成分について検討した結果、柿の抽出物(柿渋、カキタンニン)に抗ウイルス効果があることを見出し、平成19年9月25日、第28回日本食品微生物学会学術総会にて、柿渋の持つ抗ウイルス作用を初めて発表しました。
 
以降の研究により、現在では、柿渋が幅広い種類のウイルスに対して強力な効果を持つ、有用な物質であることが明らかになっています。この研究成果は日本ウイルス学会学術総会、日本食品微生物学会学術総会において随時発表しております。

特許の取得
平成25年9月28日には、研究によって蓄積されたデータと、柿渋の利用価値が認められ、「抗ノロウイルス剤、およびこれを含有する組成物」に関する特許を取得いたしました。
我々は今後とも、食と生活の安全を目指し、抗ウイルス成分や、これを含有する製品の研究、開発に邁進してまいります。

 
広島大学およびアルタン株式会社における研究成果
特許取得
  抗ノロウイルス剤、およびこれを含有する組成物 特許第5092145号
 
リンク
  広島大学大学院 生物圏科学研究科 食品衛生学研究室
  広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 ウイルス学研究室
 
 

   
柿渋を含有する製品の抗ウイルス効果検証データ  
   
  リアルタイムPCR法による試験データ(NA-20)
 リアルタイムPCR法による試験データ(KSFAnk22-1)

 

 
  感染価測定方法による試験データ(NA-20)
リアルタイムPCR法による試験データ(KSYHL-625-3-5)
   
 

 
生物圏科学研究科
論文・学会発表
 
 ●植物由来成分の抗ノロウイルス作用の検討と新規エタノール製剤の開発
  第28回日本食品微生物学会学術総会一般演題 【2007】
  杉山裕(広島大院・生物圏科学)、中井義昭(アルタン㈱)、
  辻 徹(アルタン㈱)、○島本 整(広島大院・生物圏科学)
 
 ●柿渋の抗ノロウイルス効果と他のウイルスに対する効果
  第29回日本食品微生物学会学術総会一般演題 【2008】
 ○島本 整(広島大院・生物圏科学)、坂口剛正(広島大院・医歯薬学総合研究科)、
  沖中泰、野神美帆(広島大院・生物圏科学)、中井義昭、辻 徹(アルタン㈱)
 
 ●抗ノロウイルス作用を有する柿渋消毒剤の改良
  第30回日本食品微生物学会学術総会一般演題 【2009】
 ○島本 整、神本真紀(広島大院・生物圏科学)、中井義昭、辻 徹(アルタン㈱)
 
 ●柿渋タンニンを利用した抗ノロウイルス消毒剤の開発と抗ウイルス剤への応用 島本整 

 「フードテクノひろしま」第2回研究会(広島大学大学院生物圏科学研究科,東広島市) 2009年9月9日

 ○島本 整(広島大院・生物圏科学・広島大・ウイルス制御プロジェクト研究センター)
 
 ●食中毒起因菌に対する柿渋の効果
  第31回日本食品微生物学会学術総会一般演題 【2010】
 ○神本真紀(広島大院・生物圏科学)、中井義昭、辻 徹(アルタン㈱)、島本 整(広島大院・生物圏科学)
 
 ●柿渋の抗ノロウイルス作用と抗ウイルス消毒剤の開発 島本整

  平成21年度広島バイオフォーラム(ひろしま国際ホテル,広島市) 2010年1月18日

 ○島本 整(広島大院・生物圏科学・広島大・ウイルス制御プロジェクト研究センター)
 
 ●柿渋中のタンニン含量と抗ノロウイルス作用との関係
  第32回日本食品微生物学会学術総会一般演題 【2011】
 ○神本真紀(広島大院・生物圏科学)、中井義昭、辻 徹(アルタン㈱)、
  島本 敏、島本 整(広島大院・生物圏科学)
 
 ●抗ノロウイルス効果を有する植物素材の探索と効果検証
  第33回日本食品微生物学会学術総会一般演題 【2012】
 ○神本真紀(広島大院・生物圏科学)、中井義昭、辻 徹(アルタン㈱)、
  島本 敏、島本 整(広島大院・生物圏科学)

医歯薬保健学研究科 ウイルス学講座
論文・学会


  Ueda, K., Kawabata, R., Irie, T., Nakai, Y., Tohya, Y., and Sakaguchi, T.

 Inactivation of pathogenic viruses by plant-derived tannins: strong effects of extracts from persimmon   (Diospyros kaki) on a board range of viruses. PLoSONE 8(1): e55343, 2013.


 
◆平成24年度中四国乳酸菌研究会総会および研究発表会
 ホテルグランヴィア岡山 3階「クリスタルの間」2012年5月14日
 「柿渋の抗ウイルス効果とそのメカニズムの解明」
  ○坂口剛正、川端凉子
 
◆XV International Congress of Virology
 Sapporo, September 11-16, 2011
 第59回日本ウイルス学会学術集会
 札幌 札幌コンベンションセンター 2011年9月11(日)〜16日(金)
 Kawabata, R., Ueda, K., Irie, T., and Sakaguchi, T.
 Inactivation of a broad range of pathogenic viruses by extracts from persimmon (Diospyros kaki) and its possible  mechanism.
 
◆第28回広島感染症研究会
 エソール広島  2010年11月13日
 ○柿渋のウイルス不活化作用
 上田恭子、坂口剛正(広島大・医歯薬・ウイルス学)
 

◆第57回日本ウイルス学会学術集会
 東京 都市センターホテル 2009年10月25(日)〜27日(火)
  ●柿渋のウイルス不活化作用
 ○上田恭子、山口拓洋、入江 崇、坂口剛正(広島大学)

 

◆第78回日本感染症学会西日本地方会学術集会
 広島国際会議場、広島 12/5-6/08
 非エンベロープウイルスに対する天然高分子化合物によるウイルス不活化:柿渋の強い抗ウイルス作用
 坂口 剛正(広島大院・医歯薬・ウイルス学)

 
◆第56回 日本ウイルス学会
 岡山コンベンションセンター、岡山 10/26-28/08
 インターフェロンλがセンダイウイルスの増殖に及ぼす影響
 加藤篤、清谷克寛、久保田耐、坂口剛正、吉田哲也、田代眞人
  ●非エンベロープウイルスに対する柿渋の抗ウイルス作用
 門井喬浩*、入江 崇、坂口 剛正(広島大院・医歯薬・ウイルス学)